<Top>社労士への最短コースはDVD~プレイヤーは不要

*

<Top>社労士への最短コースはDVD~プレイヤーは不要

社労士試験は挫折する人が多い試験です。時間をかける難易度の高い勉強法もありますが、時短用の勉強法にDVD活用があります。しかし、独学でのDVDの活用は意外にハードルが高く、高価な通信講座のDVDやテキストが埃を被ってしまうこともしばしば。
DVDの弱点を克服する「eラーニングシステム」は最先端の学習法ゆえに未完成なところもありますが、手軽に楽しく合格率が上がるシステムとしてクローズアップされています。

Topic

社労士試験受験生の4分の1は欠席

平成26年の受験申込者数は57199人・受験者数は44546人で約22%もの欠席者が出ました。デング熱だけが原因ではなく毎年2割程度の欠席者が出ています。その一因は<1>で。

えっ?警察が来た!?

DVDを見ようと思っても入れ替えは面倒ですよね。ディスクチェンジャーなしでも入れ替えの手間を省いてくれる方法があります。<2>で簡単に説明していますが、手間を省こうとすれば法律に抵触することもあります。法的リスク以外にもリスクがありますのでおさらいしておきたい方は<3>へお越し下さい。

講義動画を1週間見るとこうなる

ネットで見れる講義動画を比較しようと1週間見続けたら非常に疲れました。日常生活に支障が出る学習は困りますので、<4>で概略を、<5>で目に良い講義動画・<6>で耳に良い講義動画を紹介させて頂きます。

最先端の学習法が詰まった「eラーニングシステム」

書店に行けば勉強法の本が山のように詰まれています。エッセンスを詰め込んだ「eラーニングシステム」は便利なのですが、未完成なところは受験生が補う必要があります。<7><8><9>で「eラーニングシステム」の概要とその未完成部分を補完する方法を挙げてあります。
最先端技術は高価なのがあたりまえなのですが、未完成部分を他のサービスで補っても意外に高くはありません。詳細は<10>で。

勉強は努力と環境に大きく左右されます。努力しているのに結果が伴わないのでしたら環境を見直してみましょう。逆に環境が整えば自然と努力出来るものです。環境を見直す一助となれば幸いです。


>>DVDでもインターネットでも、いつでもどこでも講義動画が見られる勉強法